学園祭での彼女の作り方!大学や高校の学祭は大チャンス!ナンパされに来てる女子もいるって本当?

彼女の作り方 彼女の作り方

彼女の作り方:学園祭で作る方法

自分から女の子に声をかけに行く

彼女の作り方

 

学園祭での彼女の作り方はきっかけ作りが大切になります。注意したいのはきっかけが来るのを待っているとチャンスが来ずに終わる可能性が高いことです。

自分から声をかけるのは必須です。状況を作って待つという彼女の作り方はむかず、ただ待つだけだと時間が過ぎて終わる可能性が可能性が高いのです。

トーク力が求められる

彼女の作り方

 

短時間で結果を出す必要があるのが学園祭での彼女の作り方で、トーク力やシチュエーションに会わせた対応能力が求められます。

学園際に来る女性も人それぞれのため、警戒心が津よくない女性を狙うなど工夫が必要になります。

友達を連れてグループナンパするのも手

彼女の作り方

 

グループで来る女性が多いのもポイントで、グループナンパをするなど工夫が必要なこともあります。

一人でできる彼女の作り方自体が実践しづらいことにも理解が必要です。学園祭は女性一人で行動する人が少ないのことを把握しておかないと声をかける隙すら見つけられない場合もあります。

学園祭の彼女の作り方を実践するためには前提を考えて一つ一つクリアする必要があるのです。

彼女の作り方:学園祭を使った方法のメリット

普段では会えない女の子に出会える

彼女の作り方

 

学園祭で彼女を作ろうとするメリットは、普段会わないタイプの女性と出会えることです。女性は学校の生徒だけでなく、家族や友人が含まれます。

普段仕事や勉強をしているとなかなか出会えないタイプの女性がくる可能性も高く、普段の生活で彼女の作り方に悩んでいる場合もチャレンジしやすくなっています。

ナンパに失敗して気まずくなっても逃げればいい

 

その場だけの関係に終わるケースも珍しくなく、彼女を作るのに失敗してもリスクが少ないのもポイントです。

自分の学校や母校などでもない限り二度と会うことも話題になることもならない場合が多いからです。

地方ではイベント自体が少ないため、学園祭を中心とした彼女の作り方が確立されているケースもあります。

身バレなどが怖い場合は少し離れた場所の学園祭で彼女の作り方を実践するなど切り替えるのも方法です。

ある程度数をこなした方が成功率が上がる場合は多く、女性への声掛けのハードルも下がります。学園祭の開催期間は短いため、積極的に行動した方が良いのです。

グループナンパを実践しやすい

彼女の作り方

 

また、学園祭の彼女の作り方は複数の男性と一緒に行うグループナンパが基本になります。

受付の女性を口説く方法などもありますが、人目があるとからかわれやすいなど女性にとってのデメリットがあります。

人が少ない学園祭は口説く女性を探すこと自体が難しくなるため、人が多いところでグループを組んでナンパするのが一般的な作り方なのです。

彼女の作り方:学園祭を使った方法のデメリット

一人で参加する女の子が少ないので1対1でのナンパは難しい

彼女の作り方

 

学園祭での彼女の作り方はグループナンパが基本になります。

女性一人で学園祭に来る人はまれで、一対一では声をかけるチャンスをつかむのも難しくなります。

そのため2~3人のグループで行動を基本に学園祭でナンパをする必要があり、まず人手を確保するのが難しいというデメリットがあります。

グループナンパはなかなか難しい

彼女の作り方

 

また、グループを組んでも意志疎通がとれていなければ彼女の作り方を実践することはできません。

ある程度なれた男性と組まないと彼女ができる確立はむしろ下がる可能性があるのです。

まずナンパでの彼女の作り方の基礎がわかっているのか、普段から一緒に行動しているかなど、満たすべき前提が多くなってしまうのです。

その場の勢いでコンビを組んでも同じ女性を狙って争ってしまうなどトラブルが起きるケースもあります。

ナンパをすると悪いうわさを流される

彼女の作り方

 

また、地元の学園祭などで彼女の作り方を実践しようとしても悪いうわさが広まりやすくなるなどデメリットが生じます。

成功すればまだ良いものの、のちのちの学校生活や地元での評判に影響がでる場合があるのです。

関係者がいる学園祭ほどデメリットが大きくなるため、彼女の作り方が適しているかから考える必要があります。

彼女の作り方:学園祭を使うよりもおすすめな方法

マッチングサービスを絶対に試すべき理由

彼女の作り方

 

学園祭の彼女の作り方はグループナンパが基本ですが、一緒にナンパする人間が必要になる他、地元の場合は私生活にまで悪影響が及ぶ可能性があります。

リスクをコントロールするのが難しいのが学園祭での彼女の作り方のため、無理に作らない方が安全になるのです。

自分一人で彼女候補を探せる

リスクを気にするのであればマッチングサービスを利用するのがおすすめで、コンビを組む人間などに頼らなくても彼女を作れる可能性があります。

彼女の作り方

 

女性のほうからアプローチが来ることもある

ポイントになるのがプロフィールなどの情報を充実させて待つという彼女の作り方が可能な点です。

もちろん最初のアプローチなどは必要ですが、コミュニティなどに情報を書いて女性の反応を待てばいちいち自分から声をかける必要がなくなます。

学園祭よりも気軽な気持ちで彼女を探せる

需要が無いとわかれば作戦を切り替えるのも簡単なため、学園祭のように短時間で結果をださなければならないというプレッシャーからも開放されいます。

彼女の作り方で失敗したことは次に生かせるのもポイントです。様々な彼女の作り方を試し、次に生かせばマッチング率が高まります。

学園祭での彼女の作り方は他の彼女 作り方への応用が難しい面があるため、次に繋げやすいこともメリットといえます。

目次へ戻る